google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

スポーツ

アンソニー・ユベールがクラッシュで死去!動画アリ!FIA-F2選手権ベルギー開催中止!

投稿日:

8月31日に開催されたFIA-F2選手権ベルギー大会のレース1で発生したクラッシュによって、アンソニー・ユベールが死去したと発表されました。

F2主催者はユベールの事故死を受けて声明を発表しました。

関係者への追悼の意を表すと共に、1日(日)午前に行われる予定であったレース2の開催を中止すると決定しています。

アンソニー・ユベールがクラッシュで死去!の反応

これからを期待された若いレーサーでしたので、残念との声が多くあがっていました。

アンソニー・ユベールとは

アンソニー・ユベールさんは、フランス出身で1996年9月22日に仏リヨンで生まれの22才です 。

2017年にGP3シリーズに参戦、チャンピオン獲得と共に、2018年にルノースポーツアカデミーの育成プログラムに加わりました。

今季はBWTアーデンからF2に参戦、ルーキーながらも2勝を挙げ、チャンピオンシップ8位の位置にいました。

アンソニー・ユベール、事故の流れ

スパ・フランコルシャンで開催されたレース1では、2周目に高速のオー・ルージュ(ターン2~4)で大クラッシュが発生しました。

即座に赤旗となりレースは中止されています。

詳しい事故の状況は分かっていないもの、アルファロメオF1の育成ドライバーであるファン・マヌエル・コレア(チャロウズ)とユベールが事故に巻き込まれ、マシンは真っ二つに割れる大クラッシュでユベールのマシンは原型を留めないほどに破壊されていました。

ユベールが単独スピンを喫し、コントロールを失ったところに後続のコレアが高速で追突したで感じですが、詳しい状況は明らかとなっていません。

事故現場となったオー・ルージュは高低差が約80mもある急な上り坂で、F2マシンの場合、概ね時速257km程度でこの区間を走行していました。

事故は現地17時7分に発生し、ユベールの死亡は現地18時35分に確認されています。

コレアの容態は安定しているようで、FIAの発表によると、現在、地元CHULiège病院で治療を受けています。

同じく事故に巻き込まれたジュリアーノ・アレジは、メディカルセンターでの検査に合格し無事が確認されました。

アンソニー・ユベールさんのご冥福をお祈り致します。

-スポーツ

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.