google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他

日本が対話姿勢なら手を取る , 光復節演説!文大統領の上から目線に炎上!

投稿日:


8月15日、文大統領は光復節演説にて日本経済も自由貿易の秩序の中で分業を成し遂げ発展してきた。先に成長した国が、あとから成長する国のはしごを蹴飛ばしてはならないと日本の姿勢を非難しました。

そのうえで、「今からでも日本が対話と協力の道に出てくるならば、われわれは喜んで手を握るだろう」と述べ、この発言が炎上しています。

日本が対話姿勢なら手を取るの反応

文大統領の今回の発言にはかなり厳しい意見が出ています。

日本が対話姿勢なら手を取る、光復節演説の流れ

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、日本の植民地支配から解放された記念日にあたる光復節での演説で、日本が対話と協力の道に出てくるならば、われわれは喜んで手を握るだろうと日本に対し、対話を呼びかけました。

中部チョナン(天安)で開かれた記念式典で演説し、「日本経済も自由貿易の秩序の中で分業を成し遂げ発展してきた。先に成長した国が、あとから成長する国のはしごを蹴飛ばしてはならない」と述べ、日本政府を牽制しながらも日本への非難のトーンを抑え、2国間協議を通じた外交的な解決を急ぎたいという考えが表れていました。

日韓の対立が深まる中、対抗姿勢をあらわにしてきたムン大統領ですが、このところは一転してトーンダウンしておりかなり追い詰められてきた状況にあるのではないかと思われます。

韓国が輸出管理の優遇対象国から日本を除外する方針を示したこともありこれまでの問題を含めて実務的に詳細な説明を韓国が示さない限りは話し合いの場を設けられる事はなさそうです。

今回の韓国側措置は品目を見るかぎり、影響は少ないのではないと日本側はみており韓国と違いあせりは感じられない状況になっています。

日本が対話姿勢なら手を取る発言のこれから

世耕大臣は輸出管理上の優遇措置というのは、各国の責任によって判断をして適用するものだ。今回、韓国側から協議の可能性についての言及があったが、われわれは協議する性質のものではないと思っていると発言し、日韓両国による対話の場を設けるのは難しいとの考えを示しています。

反日、三羽烏とは!

北挑戦との協力で日本に追いつく!文大統領の決意?

-その他

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.