google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

芸能

ヌートリア、めざましテレビで紹介で話題!繁殖で深刻な被害が発生!西日本で生息!

更新日:

7月29日、めざましテレビの特集でヌートリアが紹介さら話題になっています。

ヌートリアの繁殖により深刻な問題になっているようです。

ヌートリア、めざましテレビで紹介の反応

はじめて知った方や日本にいる事を知らない方のコメントが多くありました。

ヌートリアの被害

奈良県内の大和川河川敷に南米原産の大型ネズミ、ヌートリアが大繁殖しています。

場所は県西部の王寺町に生息しています。

各地で深刻な農作物被害が報告されているほか、ため池や水路も決壊させる厄介者で、生態系に影響を及ぼす恐れのある環境省の特定外来生物に指定されている危険な生き物です。

奈良県内では6月以降、目撃情報が相次いでおり、自治体などを中心に捕獲を続けながら注意を呼びかけています。

ヌートリアは体長50~70センチ、い尻尾とオレンジ色の前歯が特徴で西日本に生息しています。

明治後半に輸入され、第二次大戦中には防寒性に優れる毛皮の採取を目的に飼育ブームとなりその後は戦後の食糧難で食肉用として重宝された事もあったようです。

戦後は、その価値がなくなり放逐され、野生化しまし現在では様々な被害えおおこしています。

ヌートリアの被害というよりは人害というべきだと思われます。

王寺町の対策としては目撃情報のあった場所近くに捕獲器を2器設置し、これまでに4匹を捕獲していますが、まだまだ目撃情報が多く当面は設置を続ける予定です。

ヌートリアが攻撃してくる可能性は低いようですが、餌をあげないで欲しいと王寺町の担当者は言っています。

ヌートリアのこれから

ヌートリアの被害としてはキュウリやトマトなどの農作物にでており全国で年間およそ6,500万円程度の被害が出ています。

それ以上に深刻なのはヌートリアの巣穴で何世代にもわたって水辺で巣穴を掘り続けるため、土手には空洞が広がっていき堤防やため池の決壊につながる恐れが出てきています。

山口県ではコンクリートにするなどの対応をしているようです。

これ以上、繁殖しないように餌を与えるなどはしないようにしましょう。

-芸能

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.