google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他

静岡市JR静岡駅、逃走車両が発見!愛知県田原市の殺人事件の容疑者の車?

投稿日:


7月11日、愛知県田原市の住宅で30歳の長男が殺害されており27歳の次男の行方を警察は捜査していました。

愛知県田原市神戸町新大坪の住宅のリビングで、この家に住む山田雅和さん(30)が朝の4時頃に死亡しているのが見つかりました。

その後、次男の車が静岡駅北口で見つかりましたが、次男の男はいませんでした。

男は正午すぎに、仙台市内の洋服店を訪れ、「愛知県で人を殺してきた」などと話したため店員が警察に通報し身柄を確保されたようです。

静岡市JR静岡駅、逃走車両が発見の反応

新幹線の駅の北側の駐車場で発見されたのでそのまま電車で逃げたのではと思わた意見が多かったです。

その通りのようで仙台まで逃げて最後は自首した形になっています。

愛知県田原市の殺人事件の経緯

 

7月11日、午前3時55分ごろ、愛知県田原市神戸町の住宅で、「息子が血を流して倒れている」と女性から119番に通報がありました。

県警田原署員と消防が女性宅に駆けつけると、女性の長男でパートの山田雅和さん(30)が刃物で刺されて倒れており死亡が確認されました。

女性の次男(27)が事件後に車で自宅を出たまま所在不明になっていた為に事情を知っていると判断し捜索を開始しました。

その後、次男が普段使っているうぐいす色の乗用車「パッソ」が、静岡市内のJR静岡駅前のコインパーキングに乗り捨ててあるのが見つかり、そのまま電車に乗り換え移動した可能性もありとみていました。

その後、13時30分頃に次男は仙台市の洋服店に現れ、人を殺したと話をして間もなく身柄を警察に拘束されました。

愛知県の田原市から仙台市まで700キロの逃走は容疑者の自首という形になりました。

現場から凶器が見つかっていなかった事もあり、田原市の市内の小学校全18校と中学校全5校は休校にしており市内の高校3校も自宅待機や休校の対応をしていました。

警察は同居で無職の次男(27)が関与した疑いが強いとみて逮捕状を請求する方針を固めています。

これから事件の全容が明らかになっていくと思われます。

愛知県田原市の殺人事件のこれから

今回の事件は次男が容疑者という事でこれから取り調べを受ける事になります。

その中では、「故意(殺意)」をもって殺害の実行行為が行われた場合は殺人罪が適用されます。

刑法で殺人罪は死刑又は無期若しくは5年以上の懲役といづれかの判決を受ける事になります。

最短でも5年で最長は20年の懲役かそれ以外の刑になります。

初犯の場合でも10年以上の懲役の判決を受ける事が多いようです。

刑が初犯でも重くなるケースは以下の通りです。

●残虐、残忍な犯行を行った場合

●殺人以外にも罪を犯していた場合

●複数の被害者をだした場合

このような事があった場合は初犯でも思い刑になる場合があります。

このように死刑や無期懲役の判決がでた場合は残忍な事件と考えられると思います。

逆に刑が軽くなった場合はその事件の背景に同情の余地がある場合と考えられます。

被害者の方にとってはどう考えても納得いかない判決も多くありこの問題が解決される事は無いでしょう。

愛知県田原市 殺人事件

-その他

Copyright© サイネタ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.